黒ぐまのきちんとしたお手入れ方法とは?

年齢を重ねるにつれて、薄い下まぶたの皮膚がだんだんと薄くなっていって弱ってくるので、たるんでしまい、その結果影ができてしまいます。それが黒ぐまです。

黒ぐまは、むくみがあると余計に目立ってしまうのです。この黒ぐまの対策としては、スキンケアのときにコラーゲンなどを取り入れて、原因となるたるみを緩和する必要があります。

コラーゲンを増加させる効果のある成分が含まれた化粧品(ピーリング剤、レチノール、ビタミンC誘導体など)を使ってみるといいと思います。実は、これらの化粧品はシワ対策にも効果的なので、使用し続けることで一石二鳥です!!

日頃から軽い運動をするように心がけたり、塩分を控えめな食事に変えたり、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を飲んだり、または、目の周りのツボを押して刺激するなど、今までの自分の生活を少し変えてみるだけでむくみは解消されると思います。

このように、たるみやむくによる黒ぐまにならないように正しいスキンケアをしっかりと行いましょう。

 

 

茶ぐまはどうやって予防するの?

黒ぐまの予防に良いツボ押しについて紹介します。
①瞳子りょうと呼ばれる目尻の端のくぼみにあるところ。額にニキビができている人に効果的です。

②救後と呼ばれる目の下の骨の際のところで、目尻から目頭に向かって4分の1くらい内側にあります。これは、目尻の小ジワに悩んでいる人におすすめです。

③四白と呼ばれる目の下の中央から、親指1本分下のところに位置しています。これは、シワやくすみ、そして顔全体のむくみなどに悩んでいる人によく効くので是非試してみて下さい。

次に、肌をこすってしまったときに色素沈着や角質肥厚になったり、小さなシミの集合体である茶ぐまのお手入れ方法について紹介します。
茶ぐまは、基本的に普段の美白ケアを行っていれば大丈夫です。もしも、肌をこすりすぎて角質が厚くなっているときは、ピーリングを使うといいです。しかし、肌に湿疹ができたり、かゆみを感じたりしたときは、ピーリングは不可能なので、皮膚科に行って、まずは相談してみて下さい。

キレイな体形を保つなら、酵素ダイエットがおすすめです。

ワキ・二の腕などの黒ずみ対策には、アットベリージェルがおすすめです。

エステサロンは、口コミで人気のBTBが評判です。